「ピカソになりきった男」ギィ・リブ著、鳥取絹子訳より

「俺は情熱を持って、独学で、粘り強く勉強した。たとえば、ある画家に興味を持つと、その画家に関するものはすべて読みつくさないと気がすまなかった。」

「一般に絵の愛好家は、アーティストに対してロマンチックすぎるイメージを持ち、アトリエに閉じこもる孤独な天才が、ひとりで創造の苦しみと向き合っていると思うことが多い。ところが実際は、美術史で紹介されている作品もそうだけれど、アトリエでは大家とその助手たち、たとえば弟子に囲まれているレンブラントのように、共同で作業が行われている。キュビズムを創始した二人の画家、ジョルジュ・ブラックとパブロ・ピカソにしても、一部の作品では一緒に仕事をしていた。」







[PR]

# by mt_pineart | 2017-03-29 00:59 | 本の抜き書き | Comments(0)

「堤清二 罪と業 最後の「告白」」児玉博著より

「当時、清二は東大の同級生だった氏家齊一郎(元日本テレビ放送網会長)にオルグされ、渡邉恒雄(読売新聞グループ本社主筆)らとともに共産党の”細胞”として活動していた。」

「「楯の会の制服は西武百貨店で拵えたんですよ。良いデザインを探していた三島さんから連絡があり、『フランスのドゴール(大統領)の軍服のデザインが良いから、誰がデザイナーか調べてくれ』と連絡があったんです」
 当時、西武百貨店のヨーロッパ駐在部長としてパリに滞在してたのが、妹の邦子だった。問い合わせた邦子からの答えに、清二は驚いた。ドゴールの軍服をデザインしたのは日本人で、しかも西武百貨店に在籍しているという返事だったからだ」




[PR]

# by mt_pineart | 2017-03-29 00:58 | 本の抜き書き | Comments(0)

彫刻台制作

一ヶ月前に野焼きをして、その週のグループ展に出品。今月末までに次の個展のリーフレット原稿の締め切り。文章の依頼をするためとリーフレット原稿の写真撮影に、彫刻を置く台の制作25台。
木取り、組み立てだけで3月2週目に。
ペンキ塗りにさらに数日間。
一気にたくさん作ったことがなかったので、こんなにかかるとは思わなかった。
写真は組立まで終わった何屋さんかわからない状態。
一ヶ月も作品制作をしないとは思わなかった。

b0143943_22004429.jpg












[PR]

# by mt_pineart | 2017-03-21 22:02 | 制作中 | Comments(0)

怪人カードの誕生

いままでの「動物カード」「いきものカード」は「怪人カード」としてはじまったものの一部でした。
そして、いよいよ「怪人カード」がはじまったのです。


b0143943_1473482.jpg



怪人カード(土器怪人カエン)
45.5×33.3cm (P8)
キャンバス、油彩
2014
supervillain card (Earthenware supervillain Kaen)
oil on canvas



日本美術史を参照、援用した怪人です。
縄文土器の火炎式土器が怪人となったものです。
炎につつまれ焼かれて土器、怪人となります。
その炎は中世の絵巻、不動明王図などから来ています。





b0143943_151087.jpg



怪人カード(土偶怪人シャコウ)
油彩、キャンバス  
45.5×33.3cm (P8)
2014
supervillain card (earthen figure supervillain Shako)
oil on canvas



縄文時代の遮光器土偶をモチーフとした怪人。
背景は平安時代の浄土教美術の阿弥陀来迎図 に由来したもの。
まぶしい光を遮光器で遮っています。




b0143943_215372.jpg



怪人カード(土偶怪人カックウ)
53.0×45.5cm(P10)
キャンバス、油彩
2014
supervillain card (Earthen figure supervillain Kakku )
oil on canvas



北海道で発掘された国宝の中空土偶がモチーフです。
土偶の文様は入れ墨を表現したものと考えられています。
盛りあがった部分は、傷をつけたケロイドを利用して瘢痕文様としています。
原始的な風習の身体装飾として、アフリカなどであります。
背景は漆の技法の金銀砂子を参照しています。
その空間は宇宙空間のようであり、宇宙から飛来した怪人なのです。





[PR]

# by mt_pineart | 2017-03-20 22:59 | 制作について | Comments(0)