「キュレーションの現在 アートが「世界」を問い直す」より

「一番簡単な手法は、人々のモラル観に抵触するようなスキャンダラスなテーマを掲げて、「炎上」させることでしょう。しかし、このいわゆる「炎上マーケティング」は、短期的な注目を浴びることはできても、長期的な、あるいはサスティナブルな価値創造にはまったく向いていません。キュレーションする側も、それを鑑賞する側も、お互いが傷ついて嫌な思いが残るだけです。この「炎上」手法は、あまりにも非生産的なので、即座に却下すべき方法です。では、価値創造のためにはどうすればいいのか。
 新たなる価値を将来に向けて付け加えることをキュレーションの意義とするならば、当たり前のことですが、とにかく勉強すべきです。アートの動向が現在どうなっているのかを把握することは勿論のこと、例えば、現下の社会情勢はどうなっているのか、言論界ではどういった話題が主に議論されているのか、等々、つまりは「現在の風向きを読む」ことが重要です。」
誰もがキュレーションできる時代に 土屋誠一

「あるテーマに沿って過去の作品を選び出し、展示空間に配置するとき、キュレーターは作品及びそれを取り巻く歴史の再解釈から逃れることができません。森羅万象を偏りなく取り上げることは不可能なので、取捨選択の判断をする必要があるからです。私はいま「過去の作品」と述べましたが、大抵の場合、キュレーションが作品に先立つことはないので、たとえコンテンポラリー・アートを扱うときであっても、キュレーターは何らかの歴史を編み直していると言うことができるでしょう。この作業は、キュレーションという営みに特権的なこととは思えません。そもそも歴史研究が絶え間なく歴史を編み直す営為だからです。したがって、キュレーションを介した歴史の編み直しというものを考えるとき、歴史学の知見が助けになると私は考えます。」
歴史を編み直す 桝田倫広

「震災後、キュレーションについて考えるとき、とりわけ「歴史」ということを考えますね。たとえば大正デモクラシーなんかでも、美術だと「自由でいい時代」一辺倒だけど、「自分の欲望を自由に発散してもいい」というその考えが、結局大陸への進出を支えた、という説が、日本近代史では出てきている。」
ディスカッション 日本からキュレーションの未来を考える 蔵屋美香
[PR]

by mt_pineart | 2016-12-30 00:29 | 本の抜き書き | Comments(0)

油彩はじめました。

b0143943_121716.jpg

[PR]

by mt_pineart | 2016-12-27 12:01 | 制作中 | Comments(0)

キネティックアート展は24日(土)まで

渋谷松濤での展覧会は12月24日(土)までです。
23日(金)も開いています。

ギャラリエアンドウ
http://www.ando-tokyo.jp/information/g-ando.htm

キネティックアート展
<出品作家>
間島 秀徳、篠原 猛史、篠原 芳子、岡田 浩志、遠藤 誠明、下角 宗範、David John Talor、山本 晶、青野 正、黒須 信雄、越前谷 嘉高、松山 賢 


b0143943_1621942.jpg



消失怪人
desappearing supervillain
紙、アクリル絵具
41.0×27.3cm
2016

[PR]

by mt_pineart | 2016-12-22 16:08 | exhibition | Comments(0)

日本画 過去から未来へ

急いで見たので、解説パネルを読まなかったが、興味深い内容でした。
図録がもらえたので、あとで読みます。
東京芸術大学大学美術館
http://www.geidai.ac.jp/…/exh…/2016/housen16/housen16_ja.htm
昨日で終わってました。
隣の博士審査展も見てきました。

b0143943_12234457.jpg

[PR]

by mt_pineart | 2016-12-15 12:24 | 見にいく | Comments(0)

火炎型土器のデザインと機能

初日に行ってきて、図録もらってきました。
國學院大學博物館、はじめて行きました。
常設展もすばらしいです。
縄文の縄目によるパターンの違いが、実際の縄と見本で大量に引き出しに入っています。
http://museum.kokugakuin.ac.jp/…/…/2016_jomoesque_japan.html


b0143943_11383128.jpg

[PR]

by mt_pineart | 2016-12-15 12:06 | 見にいく | Comments(0)

A Hard Rain's A-Gonna Fall

b0143943_021268.jpg




くよくよするなよ、もいいです。
https://www.youtube.com/watch?v=u-Y3KfJs6T0
はげしい雨が降る
https://www.youtube.com/watch?v=T5al0HmR4to
ボブ・ディランの夢
https://www.youtube.com/watch?v=2Bjyu_h_7os
[PR]

by mt_pineart | 2016-12-15 00:23 | 音楽 | Comments(0)

クラシックの迷宮 - 柴田南雄とオイルショック - NHKFM 片山杜秀より

「石油ショック前というのは、スタイルの新しさやテクニックの複雑さや、そういうものを追求していれば、それで音楽は、現代音楽というものは進歩しているということになって、聴衆もそれをわかって当然で、聴衆もわからないと恥ずかしいというそういう進歩主義に支えられた前衛音楽の価値観というものが当たり前のように幅を利かせていたわけです。これは人類の進歩、産業文明の革新のイメージとパラレルだったわけです。けれども、その価値観といいますか信仰が、石油ショックでガラガラと音を立てはじめて、何を信じたらいいかわからなくなって、終末論的空気も急にただよって、バロックとかロマン派とか、進歩主義的な立場からもう振り返る必要もないというようにされていた昔のスタイルが作曲の世界でもいろいろ蘇ってきまして、乱暴に申せば、新しいスタイルの音楽というものが前衛時代と大きく変わって混乱して、いろんな時代のいろんなスタイルというものが引用されたり、思い出されたり、もう一回やり直されたりするようになって、現代音楽といっても、いつの時代の音楽だかわからなくなってくるという、そういう現象が1970年代半ば、急に起きてきたという言い方ができると思います。こうした変化は、一般にはモダニズムからポストモダニズムへの変化といわれることも多いですけれども、それと同じことを柴田南雄は、もっと具体的に、石油ショック前と石油ショック後に分けたわけです。」

http://www4.nhk.or.jp/classicmeikyu/x/2016-09-10/07/69013/4756192/
[PR]

by mt_pineart | 2016-12-15 00:15 | 本の抜き書き | Comments(0)

渋谷松濤でキネティックアート展出品

b0143943_1233992.jpg



「消失怪獣イノシシン」
”disappearing monster Boaren”
紙、アクリル絵具
acrylic on paper
25.7×36.4cm (B4)
2016


渋谷松濤のギャラリーでグループ展に出品します。

2016年12月13日(火)ー 24日(土)
午前11時30分ー午後7時
ギャラリエアンドウ
http://www.ando-tokyo.jp/information/g-ando.htm

キネティックアート展
<出品作家>
間島 秀徳、篠原 猛史、篠原 芳子、岡田 浩志、遠藤 誠明、下角 宗範、David John Talor、山本 晶、青野 正、黒須 信雄、越前谷 嘉高、松山 賢 

オープニングパーティ:12月13日(火)午後5時30分ー7時


b0143943_12352190.jpg

[PR]

by mt_pineart | 2016-12-09 20:13 | exhibition | Comments(0)

磨き終わり

磨き終わり。これからしばらく絵を描きます。


b0143943_2073649.jpg

[PR]

by mt_pineart | 2016-12-07 20:08 | 制作中 | Comments(0)

縄文

縄文(縄を押しつけた文様)は獣の毛並みの表現に合っている。

b0143943_13573597.jpg

[PR]

by mt_pineart | 2016-12-05 13:59 | 制作中 | Comments(0)