「ほっ」と。キャンペーン

「反逆の神話 カウンターカルチャーはいかにして消費文化になったか」ジョセフ・ヒース+アンドルー・ポター著、栗原百代訳、より

「コバーンはオルタナティブ音楽へのこだわりとニルヴァーナの商業的成功の折り合いをつけることが、どうしてもできなかった。(中略)すべては幻想かも知れないとは考えなかった。オルタナティブもメインストリームもない、音楽と自由との関係も、裏切りなんてものもない。(中略)
 では「オルタナティブ」という発想はどこから生じたのか?本物であるために人気を落とさねばならないという、この発想の源は何なのか。」

「これが音楽業界だけのことだったら、さほど重大ではなかったはず。だが残念ながら、カウンタカルチャーの思想はこの社会へのぼくらの理解に深く組み込まれており、社会および政治生活のあらゆる面に影響を与えている。最も重要なことには、それが現代のすべての政治的左派の概念のひな型となった。カウンターカルチャーはラディカルな政治思想の土台として、ほぼ完全に、社会主義に取って代わった。だから、カウンターカルチャーは神話にすぎないのだとしても、それは数知れない政治上の結果をもたらして、膨大な数の人を誤らせた神話である。」

「アーティストたる者、主流社会と対立するスタンスをとらなければならない、との考えは、まったく目新しいものではない。18世紀に始まって、19世紀中ずっと芸術的な創意を支配しつづけたロマン主義に起源を持つ。」

(ヒッピーやパンクのファッションについて)
「カウンターカルチャーの反逆者は自分のしていることが本当にラディカルであると、社会をゆるがす挑戦だと信じていた。(中略)なにせカウンタカルチャーの反逆者によれば、伝統的な政治的左派の問題は、それが皮相的であり、「ただ」制度改革をめざしているだけということだ。これに対し、カウンタカルチャーの反逆者は、より深いレベルの抑圧に反撃していると思われた。それでも、そのラディカルな介入にかかわらず、具体的な成果を見つけにくかった。」

「ジークムント・フロイトの業績は僕らにとって、魚にとっての水のごときものになった。ほとんどそれが一つの理論だと、正しいか間違っているか証明できることだとみなされていない。それは僕らが現実のすべてをそこを通して見るレンズと化した。(中略)一つだけ例を挙げると、たいてい人は「潜在意識」と呼ばれるものがあると思っている。奇妙な夢を見たり、言葉を取り違えたり、説明のつかない行動に及んだとき、みんな潜在意識のせいにしてしまう。これは一つの理論にすぎないのだと、そんなものはないかもしれないと言っても、不信感とあざけりが入り交じった態度を返されるだけだ。だって潜在意識があるのは当然なのだから。それを否認する者はひたすら否認されるのだ。
 しかし潜在意識が本当に意識下のものなら、どうしてそこにあるとわかるのか?直接意識できるものなら、それはもはや潜在意識ではないだろう。だから明らかにこれは一つの仮設にすぎないのだ。」

「カウンタカルチャーの思想は多くの点でフロイトの心理学理論から直接導かれている。フロイトによる人間の意識の構成の解き明かし方に鑑みるに、文化が総体として抑圧のシステムであるとの結論はまず避けられない。」

「カウンタカルチャーの思想はつまるところ、誤りに基づいたものである。カウンターカルチャーの反逆は、せいぜいが偽の反逆なのだ。進歩的な政治や経済への影響などいっさいもたらさず、もっと公正な社会を建設するという喫緊の課題を損なう。」

(大人気の恋愛マニュアル本「ルールズー理想の男性と結婚するための35の法則」について)
「こうした状況にあって、多数の若い女性が「ルールズ」を手にとったことは、まったく驚くにあたらない。多くのフェミニストは早くから気づいていた。「自由恋愛」がこの社会における大規模な女性の性的搾取を可能にしてしまったのだ。」

P104まで










































[PR]

by mt_pineart | 2015-04-29 14:43 | 抜き書き | Comments(0)

「世界のきげんと美術のせいき」

みうらじろうギャラリーで個展「ハーイプシィ」がはじまりました。
祝日も開いています。
5月1日金曜日には午後7時からトークがあります。
「世界のきげんと美術のせいき」参加費1,000円(1ドリンク付)
http://jiromiuragallery.com/…/20150428KenMatsuyama_HiPussy.…
ぜひお越しください。

松山賢個展「ハーイプシィ」
2015年4月28日(火)ー5月17日(日)
午後12時ー7時(5月7日、5月11日休み)
みうらじろうギャラリー
東京都中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル4階
03-6661-7687 
http://jiromiuragallery.com/



b0143943_11591901.jpg

Body
oil on canvas
145.5x112.0cm(F80)
2005-2015




















[PR]

by mt_pineart | 2015-04-29 12:05 | トーク | Comments(0)

「アートコレクターズ」2015年5月号

「アートコレクターズ」2015年5月号に作品写真が掲載されています。
編集部がおすすめする作家たち、のページです。
作家写真が小さすぎるのと、トリミングされているので、自分でもどの写真を送ったのかわからないくらいのものになっています。
http://www.tomosha.com/collectors/6249
























[PR]

by mt_pineart | 2015-04-25 17:45 | 掲載記事 | Comments(0)

Young Art Taipei

台湾のホテルアートフェアに出品します。
2015年4月24日 - 4月26日
みうらじろうギャラリーからです。
http://www.youngarttaipei.com/












[PR]

by mt_pineart | 2015-04-23 01:59 | Comments(0)

「ヒトかモノか?-人をつくるということ」

今度の日曜日、4月19日午後7時からアーティストトークがあります。
四人展最終日です。
それぞれの作家が、イメージされるものとは違った作品を出品しています。

像形人間 - for humans」クロージング・トークセッション

「ヒトかモノか?-人をつくるということ」
木村了子 × 関本幸治 × 藤井健仁 × 松山賢

2015年4月19日(日)午後7時ー8時30分
@みうらじろうギャラリー
参加費:1,000円 (1ドリンク付)

さまざまなメディア、素材で人間像をつくることを通じて、人はヒトの何を表現したいのか?美術的「人間像」の歴史を考察しつつ、制作の本音に迫るトークセッション。

トーク終了後ギャラリーにて懇親会をいたします。是非ご参加下さい。
参加費:500円(お酒を召し上がる方は1,000円)


「像形人間 - for humans」
2015.3.31tue → 4.19 sun
午後12時ー7時
みうらじろうギャラリー
http://jiromiuragallery.com/exhibition/past/20150331ForHumans.html


b0143943_21012662.jpg

[PR]

by mt_pineart | 2015-04-15 21:02 | トーク | Comments(0)

像形人間-for humans

木村了子さん企画による四人展に出品します。
男性ヌードと彫刻作品を出品します。

2015年3月31日(火) - 4月19日(日)
午後12時~午後7時(月休)
みうらじろうギャラリー
東京都中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル4階
03-6661-7687 

http://jiromiuragallery.com/exhibition/past/20150331ForHumans.html

出品作家
木村了子(日本画+フィギュア)http://ryokokimura.com/
関本幸治(写真+立体)http://kojisekimoto.web.fc2.com/
藤井健仁(彫刻+ドローイング)http://www.takehito-fujii.com/
松山賢(油画+彫刻)http://www.geocities.jp/mt_pineart/

【オープニングレセプション】 2015年3月31日(火) 午後7時~9時
【クロージングトークショウ】 2015年4月19日(日) 午後7時~8時30分   
「ヒトかモノか?-人をつくるということ」 参加費1,000円(1ドリンク付)
 さまざまなメディア、素材で人間像をつくることを通じて、人はヒトの何を表現したいのか?美術的「人間像」の歴史を考察しつつ、制作の本音に迫るトークセッション。トーク終了後ギャラリーにて懇親会をいたします。ぜひご参加ください。


 「人間」を通じて何を表現したいのか?ただ「人」の「形」を追うのでなく、その精神性や社会背景、あるいは人間性を排除した物質としての表現など、さまざまな視点で「人間」を探求する4人の現代美術家のグループ展を開催いたします。
 伝統的な日本画の技法で「美人画」という古くから親しまれたカテゴリーの逆転的発想により、現代美男子(俗称イケメン)像を、女性目線でファンタジックに描き続ける木村了子。
 被写体となる人物や背景など仮想現実空間を自ら制作し、新たな次元として写真作品で表現。人の心の光と影をテーマに、虚と実の境の微妙なところにあるものを表出しようとする関本幸治。
 鉄板を叩き曲げ形作る鍛鉄という技法で、「人形」としての少女像、また犯罪者など実在する人物の顔と、二種の異なる人物像を彫刻の歴史をふまえつつ、独自の視点で制作する藤井健仁。  絵画とはキャンバスに置かれた絵具の集積の結果にすぎないと、さまざまなモチーフを油彩にてコンセプチュアルに捉えつつも、並々ならぬ存在感を放つグラビア的美女を描き続ける松山賢。  本展では各自の人間像作品他、制作から派生した立体作品やドローイングなども交え展示いたします。人間像を創り表現することの意味や面白さを、作品から感じていただければ幸いです。
 木村了子



b0143943_21513979.jpg


















[PR]

by mt_pineart | 2015-04-14 10:58 | 展覧会予定 | Comments(0)

ILLUSTRATION ARTIST 150

「ILLUSTRATION ARTIST 150」に作品写真などが掲載されています。
イラストレーションの仕事をしたことは一度もありません。
気分転換の方法、というコメント欄があります。
「フェレットをかまう。電話しながら絵を描く。映画を見る。」

http://www.amazon.co.jp/ILLUSTRATION-ARTIST-150-パルプライド/dp/4883379434/ref=sr_1_sc_1?ie=UTF8&qid=1428890072&sr=8-1-spell&keywords=illstration+artist+150



















[PR]

by mt_pineart | 2015-04-13 16:07 | 掲載記事 | Comments(0)

BAMA 2015

釜山のアートフェアに出品します。
BAMA
2015. 4. 1(Wed) - 4. 5(Sun)
BEXCO (釜山)
韓国、テグのSINMI GALLERYからです。
















[PR]

by mt_pineart | 2015-04-03 22:05 | artfair | Comments(0)