絵画の在りか、こちらにも在ります。

絵画の在りか、こちらにも在ります。
新宿でお乗り換えの際には、お立ち寄りください。

高島屋新宿店10階美術画廊
8月27日(水) ー 9月8日(月)
カラー・ミー・ポップ 松山賢
http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/event3/index.html

模様を彫り、絵具を入れています。




b0143943_11134643.jpg



写真の絵・模様の絵(地上の夜)  
油彩・パネル
162.0x130.3cm (F100)
2014       
photo painting・ pattern painting
( night on earth )
oil on panel




b0143943_23371299.jpg



写真の絵・模様の絵(太陽は僕の敵)  
油彩・パネル
162.0x130.3cm (F100)
2014       
photo painting・ pattern painting
(The sun is my enemy)
oil on panel

[PR]

by mt_pineart | 2014-08-29 18:45 | works | Comments(0)

カラー・ミー・ポップ  松山賢

b0143943_22182122.jpg



「絵の具の絵(カラー・ミー・ポップ)」 
油彩、キャンバス 
145.5×145.5cm (S80) 
2014
 “paint painting (color me pop)”
oil on canvas



カラー・ミー・ポップ 
松山賢

2014年8月27日(水)ー9月8日(月)
高島屋新宿店10階美術画廊
午前10時ー午後8時(最終日は午後4時まで)
http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/event3/index.html

今回の個展では、皿に置いた絵具を描き、その絵具で背景を塗っている「絵の具の絵」、モチーフの上、あるいはモチーフ以外の上に模様を盛り上げたり、彫ったりしている「模様の絵」、アクリル板に描いた「カラー・ミー・ポップ」など、10cm四方の小品から2mの大作まで、およそ50点の作品を展示します。
日本橋髙島屋美術画廊Xでの個展に新作の大作を追加します。

 作品写真をひとに見せると、これは絵ですか?写真ですか?とよく訊かれる。はじめの頃は絵です、と答えていた。その度に「エーッ !?」と驚かれる。心の中で「絵ーっ !?」と駄洒落が思い浮かぶ。何度も訊かれるようになると、これは写真です、と答えるようになった。絵を撮った写真です、と。何の疑いもなく絵だと思っているが、作品集、画集というものは全て写真集なのである。
 絵画に描かれているモチーフは、そう見えるように絵具を画面に置いたものである。写真のように見えるように、絵具を混ぜて色をつくり、細かく筆を運んだり、ぼかしたりしているものが表面に見えている。
 写真のように見えるように描いた絵は、絵画面の表面にすぎない。表面であるということを明らかにするように、その上に模様を盛り上げたり、彫ったりしている。






 
[PR]

by mt_pineart | 2014-08-27 13:09 | exhibition | Comments(0)

「なぜこれがアートなの」

「作品とは実際、アーティストがつくり出したひとつの像にすぎない。それは現実ではなくて、幻想にしかすぎないのだ。しかしリアルであればあるほど、私たちは幻想であることを忘れて楽しんだり怖がったりしてしまう。それはとてもスリリングな体験であり、芸術的体験の偉大なるパラドックスのひとつだといえる。」

「(前略)私たちのリアリズムへの傾倒が、生まれながらにすべての者に備わっているものではなく、あとから習得されたものだということである。幼い子供たちや辺境の地に生活する人々にとって、印象派の絵画に見られる点々とした絵の具のかたまりや、あるいはもっと古い時代の巨匠たちが描いたドラマチックな光と影を用いた作品のなかに、人物や風景を見てとることはむずかしい。私たちがリアリズムに魅力を感じるのは、具象画を見ることで身につけてきたひとつの嗜好の結果に負うところが大きい。ルネサンス時代のイタリアの画家たちが遠近法を発見してからというもの、私たちは強くリアリズムによる幻想、つまり「絵画の嘘」にますますスリルを見出すようになったのである。写真、映画、テレビ、コンピュータ・グラフィックスなども、そういった欲求を満たす現代版の幻想だといえる。」

「創作には必ず、「認識」することが必要である。認識とは、なんら関係性もあるいは意味もないものを、頭のなかで「額」に入れることで、それに意味を与える作業をさす。私たちはこのように誰かによって「額」に入れられたものを身体で感じたり、頭で考えようとすることはあっても、身近の物や出来事にこのような注意を払うことはない。アーティストとは精密な具象画から奔放な抽象画にいたるまで、千差万別の手段を用いて不思議な現象を引き起こすことができる人々だ。しかも、いわゆる制作行為を放棄しても、それを可能にすることができるのである。」

「一般的な考えに反するかもしれないが、作品の意味は作者の責任外の問題である。さらに、その作品を制作するにあたって影響を与えたと思われる私的、あるいは歴史的事実関係をいくら調べ上げても、それは作品の意味ではない。肉体に精神が宿るように、作品のなかに自ずと意味が存在するというのでもない。それよりも意味は、人々が作品をみるという行為を通じて作品とおこなうコミュニケーションによって、作品に付加されるものなのである。
 作品は、作者の手を離れたときから一人歩きする。17世紀、史上最高の画家と讃えられたグイド・レーニの名を知る人は、今ではほとんどいない。一方、画家として不遇のまま死んだファン・ゴッホは、現在、美術史上もっとも重要な人物のひとりとされている。もちろん、彼らの作品を制作するにたっての「動機や意図」、あるいは背景すら変わってはいない。それにもかかわらず、彼らの評価が著しく変化したのは、作品が別の意味をもつようになったからである。」

「なぜ、これがアートなの」 アメリア・アレナス著、福のり子訳、より
p118まで
[PR]

by mt_pineart | 2014-08-20 12:26 | 本の抜き書き | Comments(0)

月刊ギャラリー2014年8月号

月刊ギャラリー8月号に4ページのインタビューとアトリエのポートレートが載っています。
「現代作家の視線 05 松山 賢」

家の中のレンガのアーチと、らせん階段、展示している他の作家の作品も写っています。
http://www.g-station.co.jp/book/index.html

[PR]

by mt_pineart | 2014-08-20 12:19 | 掲載記事 | Comments(0)

「二十世紀美術 1900-2010」

「ムーアは同時代のさまざまなモダン・アートの流れに接しているが、そのどこにも属さず、自分の道を歩きつづけた。彼は88年の生涯におびただしい作品を制作したが、その作品はつねにある原型に基づいてつくられ、あまり変わることはなかった。ずっと同じものをつくりながら、現代という変転極まりない時代、新しいものをいつも追いかけてきた時代に、その新鮮さを失うことはなかった。まさに奇跡なのである。」

「それはスター・アンド・ストライプのパターンに過ぎなかったが、アメリカの国旗をあらわしていた。なぜ国旗が注目されたのか。米ソが対立する冷戦の時代であり、アメリカが強く意識されていた。だれでも知っている旗が政治的意味さえ持つようになった。」

「二十世紀美術 1900-2010」 海野弘より
p154まで
[PR]

by mt_pineart | 2014-08-20 11:38 | 本の抜き書き | Comments(0)

AHAF Seoul 2014

ソウルのホテルアートフェアAHAF Seoulに出品します。
http://hotelartfair.byus.net/seoul2014/
木之庄企畫の部屋です。
2014年8月22日 - 8月24日
[PR]

by mt_pineart | 2014-08-20 10:56 | artfair | Comments(0)

「美術の窓」2014年9月号

「美術の窓」2014年9月号に個展情報が紹介されています。
現代美術の最前線、のページです。
http://www.tomosha.com/mado/LatestContents
[PR]

by mt_pineart | 2014-08-20 10:49 | 掲載記事 | Comments(0)

「カルメン故郷に帰る」より

校長先生(笠智衆):とにかく芸術だからね。にっぽんは文化だよ。
おきんの父:するとおきんは文化ってやつかね。
校長先生:そうだとも、文化を担う一員だね。こんな浅間山麓の片田舎から有名な人間が出て、浅間山も鼻が高いよ。

カルメン(おきんー高峰秀子):あたいみたいに男がうるさくって、たまにはこういう静かなとこへ来たくなるようじゃなきゃ芸術家じゃないのよ。
マヤ朱美:あたい、このごろわかんなくなっちゃった。
カルメン:なにがさー
マヤ朱美:芸術ってものが。
カルメン:なさけないねー、あんたってひとは。あたしたち芸術のためには死んだっていいんじゃないのー。
マヤ朱美:そりゃー、あたしだってそう思ってるわ−。でも行きづまりっていうのかしら。このごろ、とっても苦しいの。
カルメン:元気をお出しよ。芸術に悩みはつきものなんだから。

「カルメン故郷に帰る」より
木下恵介脚本、監督
衣裳提供、髙島屋
1951年国産初の総天然色映画
[PR]

by mt_pineart | 2014-08-15 00:54 | 本の抜き書き | Comments(0)