明日8月24日(土)アーティストトークー新宿高島屋個展

明日8月27日(土)午後5時からアーティストトークがあります。

アーティストトーク・8月27日(土)午後5時より
中澤一雄(株式会社高島屋本社美術部長)X 松山賢

新宿高島屋10階美術画廊
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
TEL(03) 5361-1111
http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/event3/index.html

松山賢個展「絵の具の絵」
2011年8月24日(水)ー9月5日(月)
午前10時ー午後8時(土曜日は午後8時30分まで、最終日は午後4時まで)




b0143943_1341711.jpg



絵の具の絵(ウルトラマリンブルー)
鉛筆、アクリル絵具、紙、パネル 
29.7×42.0 cm 
2011

paint painting (ultramarine blue)
acrylic on paper on panel

[PR]

by mt_pineart | 2011-08-27 01:36 | exhibition | Comments(0)

遅かれ早かれ消えるのだ

「この新しい一派は、ただ腐敗し、分裂している」とラファエル前派の画家ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティは弟に向けて書いている。同じくラファエル前派の仲間であるウィリアム・ホルマン・ハントは、1883年にこれに続け、「世界に対して警告しよう。現代絵画に脅威を及ぼし、絶滅以外のなにものでもない結末をもたらそうとしているもの、それは印象主義である」と記していた。一方、「ダービー開催日」や「ラムズゲイト・サンズ」のようにきわめて逸話的な絵で知られるウィリアム・フリスは、「(印象主義の)大流行が消えていくことはまちがいない。ばかげたもの、誤ったものすべて、遅かれ早かれ消えるのだ」と断言して、英国の不安をなだめた。

「印象派はこうして世界を征服した」フィリップ・フック著、中山ゆかり訳
[PR]

by mt_pineart | 2011-08-25 17:36 | 本の抜き書き | Comments(0)

作品写真2ー新宿高島屋個展今日24日から

新宿高島屋個展、8月24日からです。
初日24日は会場にいます。

b0143943_1431653.jpg


原寸の絵(ベタミイラ) 
油彩、キャンバス 
10.0×10.0 cm 
2011

full-scale painting (beta mummy) 
oil on canvas

[PR]

by mt_pineart | 2011-08-24 01:44 | works | Comments(0)

個展作品部分写真−新宿高島屋

8月24日から始まる、新宿高島屋の個展出品作品の制作が終わりました。
出品予定の作品は53点です。
3月11日に激凸展の搬入をしてから38点の作品を制作しました。
極小の作品も含まれています。
はじめの一ヶ月間は今回出品しない作品2点を途中まで制作していました。
出品作品の部分写真です。

b0143943_072468.jpg


b0143943_074121.jpg


b0143943_08076.jpg


b0143943_081789.jpg


b0143943_083682.jpg


b0143943_085478.jpg

[PR]

by mt_pineart | 2011-08-21 23:55 | exhibition | Comments(0)

松山賢個展「絵の具の絵」ー新宿高島屋

b0143943_1933271.jpg


「絵の具の絵
 (コバルトブルー、クロームイエロー、カドミウムレッドディープ)」  
 2011 油彩、キャンバス 10×10×4.8cm



松山賢個展「絵の具の絵」
2011年8月24日(水)ー9月5日(月)
午前10時ー午後8時(土曜日は午後8時30分まで、最終日は午後4時まで)

新宿高島屋10階美術画廊
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
TEL(03) 5361-1111
http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/event3/index.html

アーティストトーク・8月27日(土)午後5時より
中澤一雄(株式会社高島屋本社美術部長)X 松山賢

初日8月24日(水)、27日(土)、9月3日(土)会場にいる予定です。
オープニングレセプションはありませんが、初日24日閉廊後、飲みに行こうと思いますので、よろしければお越しください。


「絵の具の絵」

 絵画は色と形、マチエールから成り立っています。
 描かれるモチーフは絵画において、大きな要素となっていて、描かれたものに引っ張られて鑑賞されることが多く、そこに意味、物語、精神性などを読み取ったり、感じたりします。
 その一方、私にとって絵画は、絵具で作られる色、筆などの道具によって描かれた形、筆触、支持体、絵具の物質感として、見えます。抽象画でも具象画でも、画面に何が描かれているかではなく、何色がどのような形でどのように描かれているかというように見えます。赤い色の面は、赤い色の絵具が塗られたものにすぎないのです。

 これまで発表してきた「抽象ガール」は、抽象画を、ただの色と形とマチエールと捉え、例えば花模様の背景と同等に、ひとつの模様として背景に配されました。
 「地図」では、地の模様によって抜き取られた形が、図の人物を成り立たせているというものでした。

 今回の個展では、以前のシリーズも一部含み、それらの絵画を作り出す絵具をその色で描いた「絵の具の絵」、作者の家にあるミニカー、動物のミイラ、頭骨を描いた「原寸の絵」などの小作品、油彩画、立体作品、約50点によって構成されます。        松山 賢
[PR]

by mt_pineart | 2011-08-14 19:43 | exhibition | Comments(0)