個展6月6日-7月18日

松山賢個展のお知らせです。


松山賢|地図

2009年6月6日(土)- 7月18日(土)
月-金 午前11時-午後7時 
土 午前11時-午後5時
*日曜 閉廊

オープニング・パーティー:6月6日(土) 午後6時-午後8時 

ギャラリー・ショウ・コンテンポラリー・アート
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-9 三晶ビルB1F 
Tel: 03-3275-1008
http://www.g-sho.com/current/

協力:株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス



花模様の背景に女性が立っているという絵を描いていました。背景の花模様から
描きはじめると、徐徐に背景の色が人の形に浮かび上がってきます。そのシル
エット状のものを作品として制作しました。周りにある模様の場所を反転し
て、描いた女性の上に背景の花模様がのっているという作品につながって
いきます。

地図というタイトルは地と図のことです。地が図のように見えたり、図が地に
なったり、図が地に覆われたりしています。

展覧会は、油彩画、アクリル画、戦車の立体作品、レースの映像インスタ
レーションで構成されます。


───────────────────────────────────

b0143943_19492638.jpg


part of
Matsuyama Ken, 地図(裸白)/map (nude white), 2009, 1940x1303mm,
76 3/8x 51 1/4in., oil on canvas
───────────────────────────────────

[Exhibition]


Matsuyama Ken | Map


Galerie Sho Contemporary Art is pleased to announce Matsuyama Ken's
solo show, Map.


With touch of oil pigments I have expressed variety of girls standing
against the background of flower patterns which always come in first
place to start with. Gradually, the background colors have been
transformed into human figures in a silhouette. I love this process,
and in such a method my work stands by itself. Also, in the stage
which I transfer sketches to whatever the object is, the result comes
in simple line drawings only. I want that part to be a real work
of mine.

The title of "Map" or "Chizu" in Japanese is composed of the two
words:"Chi" is "background" and "Zu" is "figure". "Chi" can be seen
as "Zu", and it might be vice versa, or even "Zu" entirely conquers
"Chi".

The Matsuyama's latest solo exhibition, "Map" will be formed in several
different media: typical girls figure paintings in oil and acrylic
materials, sculptures of tanks made out of paper, and the preceding
video installation.

Matsuyama Ken


6 June - 18 July, 2009
Opening Party: 6 June, 2009 18:00-20:00


http://www.g-sho.com/current/


Special thanks to Sony Digital Entertainment Services Inc.


Galerie Sho Contemporary Art
B1F Sansho Bldg., 3-2-9 Nihonbashi Chuo-ku, Tokyo 103-0027
Tel: +81-3-3275-1008 Fax: +81-3-3273-9309
Weekdays 11:00 - 19:00 / Saturdays 11:00 - 17:00
Closed on Sundays & Holidays
[PR]

by mt_pineart | 2009-05-30 19:50 | 展覧会予定 | Comments(2)

世界卓球選手権横浜大会

スポーツ観戦というものは、テレビでもほとんどしないが、卓球は自分でもやっていたのでテレビでも必ず見る。
2001年には大阪で世界選手権があり、大阪に住んでいたので、最後の男子シングルス決勝を見に行った。
決勝なので1コートで、テレビでもやっていたので、今回はもっと前のを見ようと思った。

朝10時から、混合ダブルス準々決勝4コート
女子ダブルス3回戦、4コート
男子ダブルス3回戦、4コート
女子シングルス、男子シングルス4回戦、2コートずつ
全28試合

日本人選手の試合はテレビでやるので、他の試合を中心に見る。
日本ばかり応援していてうるさく、ニッポン、とかけ声、手拍子にも違和感がある。
が、世界ランク100位近くの16歳の日本人選手が世界ランク2位に接戦だったり、33位に勝ったり(この選手は前日には10位に勝った。)しているのは、試合としてもおもしろいので見てしまう。

途中、ラーメン博物館に食べに行くのをはさんで、最後の試合が終わる11時までみる。
10時過ぎに、日本人選手の最後の試合が終わり、近くのひとでないと終電もなくなってくるだろうから、たくさんいた観客も最後には、ぽつぽつとしかいなかった。
[PR]

by mt_pineart | 2009-05-02 01:03 | 見にいく | Comments(0)

スラムドッグ・ミリオネア、グラン・トリノ、バーン・アフター・リーディング

ついたちで1000円なので、映画を見にいく。

スラムドッグ・ミリオネア、ダニー・ボイル監督
この3本の中では、そんなに期待していなかったが、感動しました。

グラン・トリノ、クリント・イーストウッド監督
前半は笑うところも多く、後半は圧倒されました。
笑いでゆるんだところに、言いたいことを忍ばせてくるところが、後期チャップリンを思い浮かべたりしました。(最近見ていないので、頭の中のイメージとして)
構成は、ミリオンダラーベイビーと同じような感じだが、いい意味で(ミリオンダラーベイビーを見て、クリント・イーストウッドはすごいことになってしまったと思ったので)、最後は有無を言わさず呆然としてしまう。

バーン・アフター・リーディング、コーエン兄弟監督
未来は今、を除いてすべて見ているが、ものすごくすばらしい、というのはないが見てしまう。
上手だとは思うが、作り手が透けて見えてしまう感じがして、没入できないのかもしれない。

美術ではないので、気楽に、安易に偉そうに語ってしまいました。
[PR]

by mt_pineart | 2009-05-01 00:47 | 映画 | Comments(1)