赤瀬川、デ・キリコ、高荷義之、ミシェル・ゴンドリー、クロージングパーティ

先週土曜日、千葉市美術館に10時に着くように横浜から行きました。
赤瀬川原平展、見るのに2時間くらいかかりました。
下の階はなんだか最近見たことあるなあと思って、しばらくしてから松濤美術館のハイレッドセンター展で見たことを思い出しました。
汐留のデ・キリコ展、招待券があっても並ぶことになっていて、仕方なく並びましたが、中はいっぱいではなかったです。
弥生美術館、高荷義之展、水彩の技法に目を奪われました。
ワクワクしました。
国立新美術館に行くか、東京都現代美術館に行くか迷い、東京都現代美術館、ミシェル・ゴンドリー展に行きました。
映像はDVDで何度か見ていますし、ほかの展示も立ち止まることなく歩いて通り過ぎながら見れる、というか見なくてもいい展示だったので、金返せーとは思いましたが、金は払ってなかったのでした。
ミシェル・ゴンドリーはミュージックビデオはおもしろいのですが、映画は「恋愛睡眠のすすめ」を観に行ったら、退屈でこっちが眠りそうになったので、それ以来見てません。
ビデオ屋の映画は見ようと思います。
閉館6時まではかかると思いましたが、常設展もスタスタと10分で見てしまい、こんなことなら国立新美術館に行って、シェルとDOMANIを見るんだったと後の祭りでした。
それでも駅に行くまではあきらめてなかったのですが、計算すると入館30分前を5分くらいすぎるので、あきらめました。
たぶん毎回のことでしたら、シェルは10ー20分くらいで見られるのですが、入り口で断られてもおもしろくないので、断念しました。
はやめに見終わりましたが、京橋で自分の個展をしているので、会場にいることにしました。
閉廊後、クロージングパーティで鍋を囲んで吞みました。
終電で帰りました。



ミシェル・ゴンドリー展はフェイスブックでおもしろかったと書いていた方もいらしたので、私の感想は参考になりません。
ほぼまったく見るところがない展覧会というのもなかなか珍しいです。
けっこう期待していったということもありますので。
映像があるだろうから、時間大丈夫かなとも思っていたのですが、上述のようにDVDを持っているので、投影して画像が悪いものをそこでわざわざ見る必要はありませんでした。
映画は最新作のうたかたの日々のものだけで、ほかの今までの映画の展示は一切ありません。
あとは、映画のセットという名目の、ビデオ屋の素人が作る映画のセットというモチーフに則ったものでした。
これが展示全体の7割くらいを占めています。
[PR]

by mt_pineart | 2014-12-23 12:28 | 見にいく | Comments(2)

Commented by desire_san at 2014-12-27 22:35
こんにちは。
デ・キリコとミシェル・ゴンドリー展に行かれたのですね。ミシェル・ゴンドリー展は見ていなかったので。興味深く読ませていただきました。まだやっているようでしたら見に行きたいと思いました。

汐留ミュージアムで「ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰」を見た機会に、過去に来日したデ・キリコの傑作と言われる作品を回顧して、デ・キリコの形而上絵画について整理してその魅力を考えてみました。読んでいただけると嬉しいです。ブログにご感想などコメントをいただけると感謝致します。
Commented by mt_pineart at 2015-01-03 13:29
ブログ、拝読いたしました。
ミシェル・ゴンドリー展についての私の感想では、見にいこうという気にならないのではないかと思ったので、意外でした。