2011新宿高島屋個展プレスリリース

 「絵の具の絵」

  絵画は色と形、マチエールから成り立っています。
  描かれるモチーフは絵画において、大きな要素となっていて、描かれたものに引っ張られて鑑賞されることが多く、そこに意味、物語、精神性などを読み取ったり、感じたりします。
  その一方、私にとって絵画は、絵具で作られる色、筆などの道具によって描かれた形、筆触、支持体、絵具の物質感として、見えます。抽象画でも具象画でも、画面に何が描かれているかではなく、何色がどのような形でどのように描かれているかというように見えます。赤い色の面は、赤い色の絵具が塗られたものにすぎないのです。

 これまで発表してきた「抽象ガール」は、抽象画を、ただの色と形とマチエールと捉え、例えば花模様の背景と同等に、ひとつの模様として背景に配されました。
 「地図」では、地の模様によって抜き取られた形が、図の人物を成り立たせているというものでした。

 今回の個展では、以前のシリーズも一部含み、それらの絵画を作り出す絵具をその色で描いた「絵の具の絵」、作者の家にあるミニカー、動物のミイラ、頭骨を描いた「原寸の絵」などの小作品、油彩画、立体作品を、約50点によって構成されます。


松山賢「絵の具の絵」
2011年8月24日(水)ー9月5日(月)
午前10時ー午後8時(土曜日は午後8時30分まで、最終日は午後4時まで)

新宿高島屋10階美術画廊
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
TEL(03) 5361-1111




b0143943_0371993.jpg

[PR]

by mt_pineart | 2011-06-26 16:37 | 展覧会予定 | Comments(4)

Commented by taruto789 at 2011-06-27 22:26
なにをいまさら…
Commented by mt_pineart at 2011-08-14 19:23
そうは思っていなくて、いまさらと思わない人もいるのです。
いまさらのことととして、そのままにしていていいわけではありません。

滋賀県の教員でしたら、私の知り合いでしょうか?
Commented at 2011-08-23 23:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mt_pineart at 2016-04-28 13:43
いまさら、いまだに作品をつくりつづけています。